赤沼創経塾のメインテーマである創業融資・事業融資等の資金調達や金融・財務に関する知識、ノウハウを身に付けることの各士業、コンサルタントそれぞれの立場でのメリットについて、私の考えをお伝えします。

行政書士にとってのメリット

税理士にとってのメリット

社会保険労務士にとってのメリット

●中小企業診断士・コンサルタントにとってのメリット

●保険営業・FPにとってのメリット

社会保険労務士にとってのメリット

社会保険労務士は、税理士に次ぐ、企業と顧問契約を結びやすい資格業です。

ところが、その恵まれた環境を、単なる労務手続きのみの対応で終わらせている社労士が非常に多いと感じます。

社労士は、人事・労務の専門家という固定観念から財務支援に興味を持たない方が多いのですが、「人事・労務」と「財務」は当然にリンクしますので、両面から判断し、適切なアドバイスを行い、『ヒト』に関する悩みはもちろん、『カネ』に関する悩みを解決してくれる社労士は重宝されことと思います。

既存の顧問先に対して財務管理や資金調達、銀行取引についてのアドバイスをしてあげることができれば、顧客満足度は高まり、紹介が増える可能性も高まることは間違いないと思います。

●社会保険労務士の会員様の声

シリウス総合法務事務所 代表 寺内 正樹 様

社会保険労務士箕輪オフィス 代表 箕輪 和秀 様

 

社会保険労務士が財務知識を活かすべき場面例

チェック従業員さんの退職手続きの時

チェック 助成金申請の依頼を受けた時

チェック年度更新・算定基礎届けの時

チェック 日々のクライアント訪問時

赤沼創経塾入会のお申込み

赤沼創経塾の趣旨にご賛同頂き、ぜひ一緒に中小企業経営者の役に立てる知識を高めたいと思って頂けた方で、入会をご希望の方は、下記のバナーをクリックし、入会受付フォームから入会申込みのお手続きをお願致します。

お申し込みはこちらから